FXシステムトレード自動売買実践室

FXシステムトレード自動売買実践室

MetaTrader4無料EAの検証や自作EAの開発日記など

管理人 FX投機家

FXシステムトレーダーの最新記事
トラコミュ FXシステムトレーダーズ♪Japan

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓ポチッと応援クリックお願いします。
【応援クリック】ブログ村システムトレード派

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
FXシステムトレーダーの最新記事
トラコミュ FXシステムトレーダーズ♪Japan

今回は新たなMetaTrader4のEAをご紹介します。

「Multiple10Points-X2」という名前のEAなのですが
「10points3」から派生したEAのようで、ある方法によって「10points3」よりも
圧倒的に利益率が高くなっています。

元々の「10points3」は1つのテクニカル指標を使用した売買シグナルによって
売買を行っています。また、推奨される時間足が1時間足や30分足であり
少ない利益を積み重ねる手法であることから、得られる利益は少ないです。
(10points3のロジックの説明は過去記事を参照)

しかし、この「Multiple10Points-X2」は複数のテクニカル指標の売買シグナルで
エントリーするよう改良されており、エントリー回数増によって
得られる利益が大きくなっています。
また、トレンドを判断する複数のフィルター機能によって、リスクの調整も可能であり
非常に自由度が高いMetaTrader4のEAです。

稼動させている時の画像を載せておきます。非常に賑やかですね。



ダウンロード先
Multiple10Points-X2をダウンロード・・・
の前に是非応援クリックお願い致します。ブログ村システムトレード派へ


ここから最新バージョンをダウンロードできます。
Multiple10Points-X2のダウンロードはこちらから

ソースは公開されておらず、ex4ファイルのみです。
「Multiple10Points_X2_v1.74.ex4」 をMetaTrader4のexpertsフォルダへ
「Turbo_JRSX.mq4」と「WASV.ex4」をMetaTrader4のexpertsの下のindicatorsフォルダへ

推奨通貨ペア:スプレッドが小さい通貨ペア全般
推奨時間足:時間足によってリスク調整可能です
        大きい時間足→リスク小、利益小
        小さい時間足→リスク大、利益大
初期ロット:マーチンゲール手法のEAである為0.01ロットが推奨されています

パラメータについて
forex-tsdにて主要パラメータの説明がされています。
http://www.forex-tsd.com/134979-post1.html
http://www.forex-tsd.com/141139-post25.html

検証してみた感想
まだ細かい部分まで検証できていませんが大きい時間足を使うと非常に
安定しているので、更にトレンド判断機能を組み合わせれば
初期ロット0.1でもいけそうですね。
バックテストを行う時、パラメータ「WASV_Trader」がtrueだと
ログが大量に吐き出されバックテストに時間がかかるのは私だけですかね・・・。
仕方が無いのでとりあえずfalseにしてますが。

更に検証してみて、良いパラメータの組み合わせがわかれば
報告しようと思います。皆さんもいろいろ試してみてくださいね。

↓ポチッと応援クリックお願いします。
【応援クリック】ブログ村システムトレード派

スポンサーサイト
[ 2008/03/20 12:44 ] Multiple10Points-X2 | TB(0) | CM(24)
FXシステムトレーダーの最新記事
トラコミュ FXシステムトレーダーズ♪Japan

以前の記事にてトレンドを判断してEAの稼動を切り替えるという話をしました。
どうやってEAの稼動を制御しているんですか?とのご質問を頂いたのですが
他にも知らない方がいらっしゃるかもしれないので、念の為記事にもしておきます。

MetaTrader4は、EAを稼動させる時に指定するプロパティにて
買いだけ、売りだけ、買いと売りを指定でき、売買方向を制限することができます。

EAをチャートにドラッグ&ドロップするとプロパティの指定画面が出ますが
このプロパティ画面の、全般のタブの「Common」の所で指定できます。
MT4切り替え


ドロップダウンリストの中身は以下のようになっています。
「Only Long」・・・・買いのみを行う
「Only Short」・・・売りのみを行う
「Long & Short」・・・買いと売りどちらも行う

もちろん、EA稼働中でもプロパティの変更を行うことが可能です。

裁量でトレンドを判断してエントリー方向を制御することができるので
ちょっとEAの調子が悪いなぁって時に手助け的なことができるわけです。
まぁトレンドがはっきりしている時にしかできないですかね・・・。

ちなみに、バックテストを行う時にも、Expert propertiesのTestingタブにて
エントリー方向の制御が出来ますんで、一方向だけエントリーした場合の
バックテスト結果を得ることが可能です。

次回は、10points3関連の新たなEAをご紹介します。
お楽しみに。

↓ポチッと応援クリックお願いします。
【応援クリック】ブログ村システムトレード派

[ 2008/03/19 00:53 ] MetaTrader4 | TB(0) | CM(0)
FXシステムトレーダーの最新記事
トラコミュ FXシステムトレーダーズ♪Japan

USD/JPYが1995年10月以来、12年5か月ぶりに100円を突破しました。
サブプライムローン問題の根深さを再認識させられます。
120円台だった頃がなつかしいですね。

さて、自分でシステムを開発している方や
システムトレード関連のFXの商材を購入された方など
システムトレードを行っている方は数多くいらっしゃると思います。
私も2年前くらいから株やFXのシステムをいくつか運用してきました。

システムトレードでは、システムが知らせてくる売買サインによって
売買を繰り返すわけですが、ポジション決済時に発生するリスクがあります。

・自動売買の場合
 PCが固まったり、インターネット回線が切断されて決済できないリスクがあります。
 特にPCを常時ブローカーと接続する自動売買の場合は発生する可能性は高いですね。
 朝起きたら信じられないマイナスに・・・なんてことにはなりたくないものです・・・。

・売買サインに従って手動で売買する場合
 自動売買同様PC環境でのリスクに加えて、就寝中に決済サインが
 出ていて良いポジションで決済できないというリスクがあります。

特にシステムトレードの中でも、決済の判断がテクニカル指標によって決定するシステム
(移動平均がゴールデンクロスで買い、デッドクロスで売りのようなシステム)は
ポジション保有中は、上記リスクを抱えたまま運用することになります。

ではどういうシステムが上記リスクが抑えられたシステムなのかというと
決済指値(リミット)、決済逆指値(ストップ)が決定しているシステムです。
注文時に決済注文を同時に行い、利益幅、損益幅を限定する為
注文後は決済に対する上記のリスクを気にする必要はありません。
また、手動でやっている場合は、注文した後は決済まですることがないので
楽と言えば楽です。
そのことから、最近私はリミットとストップを限定したシステムを作るようにしています。
「10points3」はこの趣旨からは若干外れますが、リミットとストップは
ある程度固定していますね。

結局何が言いたいかというと、システムを開発する際は
実際に運用することを頭にいれて作った方が良いということです。
なるべく楽に、そしてリスクを少なくしたシステムの方が良いですからね。

システムの開発をされている方は
運用方法についても一度考えてみる事をお勧めします。

↓ポチッと応援クリックお願いします。
【応援クリック】ブログ村システムトレード派

[ 2008/03/13 22:58 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)
FXシステムトレーダーの最新記事
トラコミュ FXシステムトレーダーズ♪Japan

昨日3/10から米国が夏時間に移行しています。

夏時間は米経済指標の発表が冬時間より1時間早まります。

22時30分発表の指標が21時30分発表となりますが、仕事が終わって帰ると
時間が過ぎていることがあったりして、ちょっと残念な時があります。
私はシステムトレード主体ですが、重要指標発表時の値が狂ったように
動く様が結構好きなので、指標発表時にはよくチャートを見ています。
たまに遊びでつっこんでみたら大やけど・・・なんてこともたまにありますが(汗)
にしても今日の値動きはすごかったですね・・・。

夏時間になると、ブローカーの取引時間が変更となる為
特定時間での取引を行っているシステムを運用されている方は
時間を変更する等の対応が必要ですね。
システム内で対応していれば問題はないですが
この対応が意外に面倒だったりするんですよね・・・。

実は、私も以前に特定時間での取引を行うシステムを運用していたことがあるのですが
昨年から夏時間への移行が3月の第2日曜日~となり(それ以前は4月第1日曜日~)
当日切り替えを忘れていてヒヤッとしたことがありました。

皆様も十分お気を付けください。

↓ポチッと応援クリックお願いします。
【応援クリック】ブログ村システムトレード派

[ 2008/03/11 22:02 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)
FXシステムトレーダーの最新記事
トラコミュ FXシステムトレーダーズ♪Japan

MetaTrader4のEA「10points3」の新しいバージョンがforex-tsdで公開されていました。
「10p3MultiPipStepV001」というEAで、「10p3v0.04」が若干改良されたバージョンです。

EAは下の記事からダウンロードできます。
http://www.forex-tsd.com/195559-post3546.html

いくつか細かい修正が行われているようですが、大きい変更として
パラメータ「Pips」の値が現在の注文数によって変動するようになっています。
10points3は最初のポジションを持った後、「Pips」分マイナス方向へ
値が動くと直前の取引で取ったロット数×「Multiplier」のロット数で
更にポジションを持ちますが「10p3MultiPipStepV001」では
このPipsが注文数×「Pips」で変動します。
例としてパラメータ「Pips」を5と設定した場合
最初の注文から5pipsマイナス方向へ値が動くと2つ目のポジションを持ち
更にマイナス方向へ値が動いた場合、2(注文数)×5(Pips)で
10pips値がマイナス方向へ動くと3つ目のポジションを持ちます。
更に次は3×5で15pipsマイナスに動いたら4つ目のポジションを持つという感じです。
※「」内はパラメータ名称

私も早速バックテストを行ってみましたが、「Money_management」をfalseに
設定すると初期資金によってエラーとなる場合があるようなので
私の方でその部分を修正したものをMT4ファイル置き場に入れておきました。
「10p3MultiPipStepV001.mq4」という名称で入れています。

また、デフォルトパラメータはEUR/USDの15分足に最適化されているようです。
デフォルトの初期ロット数が0.01となっているように、マーチンゲール法を使用している
「10points3」は、状況によって注文するロット数が多くなる為、1000通貨単位で
取引できる(0.01Lotsの注文が通る)InterbankFX等の業者が推奨されています。
実際の取引に使用する場合はこの点をご注意ください。

このPipsを変動させる修正に関しては、私も以前から試してみようかと考えていた
アイデアなので、後々私が改良したバージョンでも検証してみようと思っています。

↓ポチッと応援クリックお願いします。
【応援クリック】ブログ村システムトレード派

[ 2008/03/09 14:52 ] 10points3 | TB(0) | CM(5)
FXシステムトレーダーの最新記事
トラコミュ FXシステムトレーダーズ♪Japan

MetaTrader4採用業者であるODL Securities社ですが
今月から東京支店が現地法人化されODLJapan株式会社となりました。
日本法人となったことで、今後日本向けのキャンペーンやサービス向上等を期待しています。

サイトもリニューアルしたようですね。
ODL社のHPはこちら→http://www.odls.co.jp/

MetaTrader4でEAを稼動でき、日本語での対応をしてくれる
業者は数少ないですが、更に円建ての口座を開設できるのは
今の所ここだけじゃないでしょうか。入金も銀行振込だけで済むので楽です。
また、原油と金の取引ができるのも面白いですね。

現地法人化に伴い、3月20日に東京でセミナーを行うそうですので
興味のある方は申し込みを行って参加してみてはいかがでしょうか。
詳しくはこちら→http://www.odls.co.jp/seminar.html


↓ポチッと応援クリックお願いします。
【応援クリック】ブログ村システムトレード派

[ 2008/03/05 22:25 ] MetaTrader4 | TB(0) | CM(0)
FXシステムトレーダーの最新記事
トラコミュ FXシステムトレーダーズ♪Japan

今回は、知ってそうで意外と知らないMetaTrader4に付属しているエディタ「MetaEditor」
の便利な機能をご紹介します。
どういう機能かというと、CodeBaseで公開されているEAやインジケータを即座に
ダウンロードできる機能です。

MetaEditorのToolbox(画面下部)のタブにOnline Libraryというタブがあり
これを表示するとCodeBaseで公開されているEAやインジケータが一覧で表示されます。
(Toolboxが表示されていない方はメニューバーのViewにあるToolboxをクリックしてください。)



EA等を選択して右クリックしDownloadを選択すると、自動的にMetaTrader4のフォルダに
ファイルが保存され、ソースがMetaEditor上に表示されます。
(DownloadではなくOpenを選択するとCodeBaseのページが表示され、詳細を確認できます。)

通常ですと、EA等をダウンロードしたら該当フォルダにファイルを移動するのが
意外と面倒なのですが、この機能を使用すると簡単ですね。

CodeBaseには参考になるEAやインジケータがたくさんあるので
皆さんも覗いてみてはいかがでしょうか。

↓ポチッと応援クリックお願いします。
【応援クリック】ブログ村システムトレード派

[ 2008/03/04 22:37 ] MetaTrader4 | TB(0) | CM(0)
FXシステムトレーダーの最新記事
トラコミュ FXシステムトレーダーズ♪Japan

「10points3MA」のプレゼント企画第2弾は終了致しました。
ご応募頂いた方々真にありがとうございます。
応募された方々とは、以降メールでやり取りさせて頂きます。

また、ご応募頂いた方々全員に、こちらから返信メールをお送りいたしました。
もし、応募したのに返信メールが届いていない方がいらっしゃいましたら
問い合わせフォームよりお問い合わせください。


↓ポチッと応援クリックお願いします。
【応援クリック】ブログ村システムトレード派

[ 2008/03/03 06:30 ] 10points3 | TB(0) | CM(2)
FXシステムトレーダーの最新記事
トラコミュ FXシステムトレーダーズ♪Japan

期間限定、限定数(10人+αを予定)でのプレゼント企画を行ないます。
今回は、前回記事でバックテスト結果を載せたMetaTrader4のEA
「10points3MA」のソースをプレゼントします。

EA開発の参考にするもよし、実際の取引の参考にするもよし
自由に使って頂いてかまいません。
また、私がリアル口座で運用している運用方法もお教えいたします。
開発後、一定のパラメータで運用した直近の結果はこちら

→プレゼント企画は終了致しました。

↓ポチッと応援クリックお願いします。
【応援クリック】ブログ村システムトレード派

[ 2008/03/01 00:23 ] 10points3 | TB(0) | CM(0)
日本法人のMT4ブローカー
FOREX.com
低スプレッド
100%信託保全
キャッシュバックキャンペーン中
フォレックス・ドットコムMT4
【スポンサードリンク】
当ブログへのお問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: